〜〜お忙しい薬剤部のみなさまへ〜〜

院内医薬品集制作のご案内Top

v
作業負担軽減のために

充実した医薬品集作成のために

特 徴

サンプル

病院機能評価認定取得に関して

お問い合わせ

v
オプション

Web版医薬品集更新・検索システム

文書管理などの業務支援システム

モバイル版医薬品集

v

薬剤部業務支援シリーズ
・DI質疑録
・文書管理システム
・医薬品情報閲覧システム

v
デンショクホームページへ






















院内医薬品集のサンプル(見本)

これまで株式会社デンショクが、お手伝いさせていただきました院内医薬品集の代表的な見本をご紹介いたします。

医薬品集のサイズについては、白衣のポケットに入りやすい「A6サイズ(148mm×105mm)」と少し大きめの「B5サイズ(257mm×182mm)」が人気を集めています。

医薬品集のレイアウトについては「表形式」と「テキスト形式」の2種類が主流です。医薬品集のサイズが異なれば、レイアウトの向き不向きもでてきます。B5サイズの場合、「表形式3段」というレイアウトを採用される病院が大半を占めます。ほぼ100%の確率と言っていいほどの人気です。

表3段サンプル


A6サイズの場合、紙の面積が広くない関係上好みが分かれます。まず、弊社お勧めのレイアウトは「テキスト形式2段」です。A6サイズでは、テキスト形式は表形式より情報量が多く詰め込めることから、医薬品集の厚さ影響してきます。薬剤部で扱う採用薬品数が多い場合、出来上がった医薬品集が厚くて扱いにくくなってしまう場合もあり、厚くなると値段も高くなってしまいます。したがってA6サイズで採用薬品数が多い場合には「テキスト形式2段」をお勧めいたします。「テキスト形式2段」の弊社レイアウトは見やすさを考慮して、薬剤師の皆様になじみの深い添付文書のレイアウトを参考にしています。

シンプルなレイアウト
テキスト2段サンプル1
薬品の分類を目立つ工夫をしたレイアウト
テキスト2段サンプル2
商品名のフォントを変えて目立つ工夫をしたレイアウト
テキスト2段サンプル3
2色で重要項目を強調したレイアウト
テキスト2段サンプル4


A6サイズでも表形式の方が良いと言うお客様もございます。テキスト形式より分厚くなるというデメリットはありますが、薬品ごとの区切りがはっきりすることで見やすいとのご意見から表形式のレイアウトを選択する病院もございます。紙の面積が狭いため2段が主流となります(3段ですと分厚くなり見やすさも損なわれるため)。また、ごく稀に1段の形式を採用するお客様もございます。

レイアウト2段
表2段サンプル
レイアウト1段
1段サンプル



サイズやレイアウト以外にも、表紙や掲載項目など医薬品集作成の理由は様々です。その他詳しい情報は株式会社デンショクまでお問合せください。

お問合せはこちら





Copyright (C) Denshoku Co., Ltd. All Rights Reserved.