DI業務(医薬品情報管理業務)におけるシステム導入による効率化の事例

顧客

病院の薬剤部

主な作業

システム作成と業務運用の整理のお手伝い

導入事例説明

株式会社デンショクの主力業務として、病院の薬剤部で使用される医薬品集作成をお手伝いさせていただいています。薬剤部(特にDI室)のシステム構築のお手伝いをさせていただいてます。

他の導入事例のページで

「DI質疑(Q&A集)履歴管理」
「文書管理システム」
「書籍管理(購入図書管理)システム」

についてご説明させていただいています。ここではある病院の薬剤部におけるシステム導入の業務効率化、改善の具体的な事例と効果についてご紹介いたします。

また、これらの導入事例で説明しているシステムについては下記の「薬剤部業務支援システム」を参考になさってください。
薬剤部業務支援システム紹介はこちらから


DI業務とは、医薬品情報管理業務(Drug Information)のことをいいます。薬に関する情報収集・整理を行い、医者や看護師、病棟薬剤師(病棟管理薬剤師:病棟業務を行うために病棟に常駐する薬剤師)などの医療関係者や患者に対し情報提供を行う業務です。病院によってはDI業務を担当する薬剤師の拠点としてDI室を設置しています。DI業務の担当者は病院内の医者、看護師、病棟薬剤師(病棟管理薬剤師)からの問い合わせに対して少しでも迅速に正確に対応できるよう努力しています。今回の事例の病院では、病院で使用している医薬品を検索できるアプリ、Webシステム、冊子の医薬品集をご導入いただいています。同じ情報を見るのに、アプリ、Webシステム、冊子と用意するのは導入金額がかかる事実はあるのですが、それぞれの使い勝手やそのメリットが異なるため併用して使用していただくことで効果が高まるとのことです。

  1. 本は持ち運びが容易で扱いやすいというメリットがありますが、一度作ってしまうと新しい薬品が追加された時など情報が陳腐化してしまいます。
  2. スマートフォンやタブレット端末アプリについては持ち運びが容易でデータの更新も行われますが端末が必要となり、細かい内容を調べるため検索性がWebシステムに劣ります。
  3. Webシステムはキーワードなどを用いた細かい検索ができますが、PCが設置されているところでしか使えません。最近ではスマートフォンやタブレット端末のブラウザ経由でWebシステムを参照することができますが、病院は建物の構造上電波の届かない場所も存在します(弊社作成のスマートフォン及びタブレット端末用アプリはデータを媒体に送り込むため通信が発生しない環境でもご使用いただけます)。

上記の状況を踏まえて、医者、看護師、病棟薬剤師(病棟管理薬剤師)の問い合わせに迅速に対応できるようになり業務の効率化、改善がはかれたと評価していただいています。

また、問い合わせの応答履歴やそれに関する資料などを「DI質疑(Q&A集)履歴管理機能」「文書管理機能」をご使用いただき、データベースとして蓄積、情報の活用を行うことで業務の効率化、改善を実現されています。主な効果としては下記の通りです。

  1. 医者、看護師、病棟薬剤師(病棟管理薬剤師)などDI担当者の問い合わせに過去の事例を確認していただくことで、問い合わせをせずに問題が解決する。
  2. 医者、看護師、病棟薬剤師(病棟管理薬剤師)がDI担当者に問い合わせをする際、あらかじめ問い合わせ内容の知識を得てから、問い合わせを行うことにより、DI担当者の対応時間が短縮される。

今回の事例の病院ではiPad miniをご購入いただき、病院内のサテライトの薬局(サテライトファーマシー)に常駐する病棟薬剤師(病棟管理薬剤師)に配布して活用されています。これにより薬剤に関する情報を病棟薬剤師が、DI室から持ち運びする時間なども短縮、削減することが出来ます。

薬剤部の業務において現在では有用なスマートフォン及びタブレットのアプリが多数あります。それらのアプリを活用して業務の効率化を行っています。
その他にもデータベースとして蓄積した情報を活用して、若手薬剤師の勉強に活用したり、ペーパーレスによる省スペース化といったことも効果があがっており、システム導入後のメリットは複合的です。

実際の運用を含めたシステムの導入事例について何かございましたら、株式会社デンショクへお問い合わせいただればと思います。

お問合せはこちら

TOPICS

薬剤部業務支援システム紹介はこちらから

医薬品集のサイトはこちらから

InDesignスクリプト体験レポートのサイトはこちらから

デンショクは個人情報保護に取り組む企業を示す「プライバシーマーク」を取得しております