電子書籍(電子ブック)作成

出版、印刷業界では電子書籍(電子ブック)が話題になっています。

電子書籍という言葉の定義としては様々な解釈があるようですが、これまでの紙に印刷された書籍を電子機器で見ることができる出版物いわゆるコンテンツ部分のことを指します。電子書籍を見る電子機器についてはパソコンを始め、アップル社のiPadに代表されるタブレット型PC、iPhoneに代表されるようなスマートフォンなど多様化する傾向にあります。こういった電子機器の広がりとともに電子書籍が紙の出版物のシェアを奪っていく状況は今後も避けられない半面、紙の良さを全面に押し出した出版物が発行され始めているなど、出版、印刷業界は大きな動きを見せています。

デンショクでは電子書籍に対し、従来の版下作成業務のアウトプットが「紙」から「紙+複数の電子媒体」になったと捉えて作成技術習得に取り組んでいます。紙媒体では表現できない動画などを電子媒体では見ることができる、紙、タブレット型PC、スマートフォンは持ち運びがしやすいがPCは持ち運びがしにくい、スマートフォンは書籍のサイズが小さいが紙、PC、タブレット型PCは比較的大きいなど、それぞれの媒体での特徴が異なります。コンテンツの内容は同じだが表現方法は媒体ごとに異なり、それらを実装、作成する技術に対応できるように今後も技術習得を進めてまいります。

電子書籍サンプル

パソコン、タブレット型PC、スマートフォンではインターネットに接続できるブラウザが搭載されていますが、そのブラウザを利用した電子書籍のサンプルとして、弊社が版下作成業務で行っている表形式の医薬品集を作成しました。

サンプルこちら(画面上部の「電子ブックを開く」をクリックしてください)

TOPICS

薬剤部業務支援システム紹介はこちらから

医薬品集のサイトはこちらから

InDesignスクリプト体験レポートのサイトはこちらから

デンショクは個人情報保護に取り組む企業を示す「プライバシーマーク」を取得しております