デンショク自動組版開発

1977年に開発したDML(デンショク マークアップ ランゲージ)は、大量情報の編集処理で他に類を見ないほど効率化されたものです。弊社独自のメインフレームシステムで、保険会社帳票、名鑑、名簿などの大量ページの編集に適しています。高品質・短納期・低価格の三拍子揃ったサービスは、多くのお客様にご愛顧いただいております。

デンショク自動組版開発では、まずオリジナル暗号化ソフトにより、自動組版用にデータを暗号化します。そのデータを使用して高品質な自動組版を行い、自動組版後のPDFにはデンショク独自の文字コードが埋め込まれます。

メインフレーム

FUJITSU PRIMEFORCE 3000, FUJITSU ETERNUS 6000

セキュリティと品質重視の名簿(会員名簿、職員録)、企業情報誌の制作

セキュリティと品質重視の名簿制作

特徴

実績

TOPICS

薬剤部業務支援システム紹介はこちらから

医薬品集のサイトはこちらから

InDesignスクリプト体験レポートのサイトはこちらから

デンショクは個人情報保護に取り組む企業を示す「プライバシーマーク」を取得しております